新幹線 往復割引 子供料金

新幹線の往復割引は子供(小学生)料金にも適用されるのか?

新幹線の往復割引は子供(小学生)料金にも適用されるのか?

当然、子供料金にも大人と同様に往復割引が適用されます。

 

もちろん条件も同じで、営業キロ数が601キロ以上であれば子供料金にも往復割引が適用されます。
適用されるのは「乗車券」部分のみで、往復切符を同時に購入すれば乗車券部分が1割引になります。

 

では、子供料金に往復割引が適用されると、どのように安くなるのか計算してみましょう。

 

子供料金に往復割引が適用されると・・・

子供料金に往復割引が適用されると、料金はどのように変わるのでしょうか?
実際に料金を計算してみましょう。

 

【例】京都〜博多

京都〜博多間の大人指定席普通料金は、乗車券9,830円・特急券6,430円の合計16,260円、往復で32,520円です。
これに往復割引を適用すると、乗車券部分が1割引になり片道15,270円。
往復合計30,540円になり、往復で1,980円安くなります。

 

子供料金の場合、乗車券・特急券とも通常の大人料金の半額。
片道は8,120円、往復で16,240円です。
ここに往復割引を適用すると、片道7,620円、往復で15,240円となり1,000円安くなります。

この例でいけば、大人2人、子供1人の家族で往復合計81,280円かかるところ、往復割引を利用すると合計76,320円になり4,960円お得です。

子供料金は小学生までで、中学生以上は大人料金ですが、中学生以上の学生は往復割引と同時に学割を利用することができます。

 

往復割引はゴールデンウィーク・お盆・年末年始でも利用することができ、当日でも同時に往復切符(乗車券)を購入すれば適用されます。
実家への帰省など、家族で新幹線を使って出かけるときには使えそうですね。

 

 

ただし、実家への帰省など宿泊先が決まっている場合ではなく、宿泊も同時に予約しなければならない場合、往復割引よりもトップページでご紹介している新幹線ホテルパックを使った方が格安です。

 

例えば、大人2人・子供1人の家族で博多から京都旅行へ行く場合、新幹線往復+1泊で3人分の合計が62,500円というプランも!
宿泊なしの往復料金より、合計で18,000円以上格安ですね。