新幹線往復割引きっぷ 発売日

新幹線往復割引きっぷの販売開始日について

新幹線で往復割引を使いたいが、行きと帰りの日にちが違います。

このような場合、いつから往復割引切符を購入することができますか?

基本的に、往復割引が適用されるのは「乗車券のみ」で、特急券と同時購入であれば1ヶ月前から購入可能です。

 

新幹線の場合、「乗車券+特急券」が必要です。
ところが、特急券については販売開始日が決まっており、利用日の1ヶ月前の午前10時から購入可能でそれより前に購入することはできません。
また、乗車券は有効期間があるので、早く買いすぎるのも問題です。(特急券と同時に購入する場合は1ヶ月前から購入可能)

 

では、往復の乗車日がそれぞれ違う場合、別の日に分けて2回特急券を買いに行かなければならないのでしょうか?
もしくは、もっと簡単な方法はないのか考えてみましょう。

 

 

往復特急券を簡単に購入するには?

確かに、往復違う日に乗車する場合、行きの分と帰りの特急券を別の日に購入しに行くという方法もありです。
普通に考えれば、特に行きの座席指定が取れるかどうか心配な場合など、2度に分けて購入すれば一番間違いはありません。

 

でも、毎日JRを利用し、駅の窓口へすぐに寄れる方はそれが可能ですが、そうでない方はそんなわけにはいきません。

 

では、駅の窓口へ2回行かなくてもいい方法を考えてみましょう。

 

帰りの日程の1ヶ月前に購入

これが最も簡単ですが、帰りの日程の切符が購入できるようになってから同時に購入します。
帰省ラッシュのような混雑する時期でなければ、指定席のチケットが全部完売することもありません。
普通ならこの方法で問題ありません。

 

旅行会社の窓口を利用する

大手旅行会社の窓口では、新幹線のチケット手配を行ってくれます。
当然、新幹線で往復割引が適用される切符の購入も可能です。
旅行会社では、日にちを指定しておけば切符を手配しておいてくれますので、往復の日にちを伝えて事前に手配の予約をしておきましょう。
すると一度で往復の乗車券と特急券を手配してくれます。
結局は、予約と受取りの2回窓口へ行かなければなりませんが、駅の窓口へ行くよりは気が楽ですね。

 

新幹線のネット予約を利用する

新幹線にはネット予約できるサービスがあります。
このようなサービスは会員登録が必要ですが、事前に会員登録し、ネットで予約すれば駅の窓口へ行く必要はありません。
特急券・乗車券の予約開始も、ほとんどのサービスで1ヶ月前からなので、切符を買いに行くよりは楽です。
しかも、「えきねっと」などは1ヶ月よりさらに前に購入することもできます。(割引価格は適用なし)

 

ネット予約サービスでは往復割引が適用されるわけではありませんが、早めに予約すれば料金は往復割引よりも安くなる切符も多いです。
パソコンやスマホで空席も確認することができるので、帰省ラッシュ時期にも新幹線を利用する方は、ネット予約の利用も検討してみては?

 

 

宿泊する方は往復割引よりこちらが安い!

日本旅行

日本旅行「新幹線+宿泊プラン」

 

宿泊するなら往復割引より料金はずっと格安
往復割引の適用距離なら、1人10,000円くらいは安いです。
宿泊と往復新幹線を、全てネットで予約することができ、しかも、予約したチケットは出発前に自宅に届くので安心!
このパックでは、2ヶ月くらい前〜3日前まで予約できます。