新幹線 往復割引 時期

新幹線往復割引は年末年始・GW・お盆でも使える?

新幹線で往復割引は年末年始・GW・お盆でも使えますか?

往復割引は一年中利用することができます。
もちろん新幹線を使って年末年始・GW・お盆に帰省する時でも使えます。

 

往復割引は新幹線に限らず、年中利用することができます。
他の割引切符や新幹線格安チケットなどは、年末年始・GW・お盆の期間中には使えないものが多いですが、この往復割引はJRの元々の割引制度なので、使える時期を問いません。

 

条件にさえ合っていれば、往復乗車券を同時に購入することで、年末年始・GW・お盆など混雑する時期でも割引が適用されます。
さらにこれらの時期でも学割との併用もでき、乗継割引も適用されます。

 

年末年始・GW・お盆に往復割引を使う注意点

年末年始・GW・お盆は、帰省ラッシュで新幹線は一年最大の混雑時期。
「早めに切符を買っておこう!」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

新幹線の切符は1ヶ月前から購入することができます。
ただし、事前に購入ができるのは、指定席と同時に購入する場合のみ。
自由席で往復割引を使おうとお考えの方は、事前には購入することができませんので、事前に購入する時は新幹線に乗車する日時を決めてから購入しましょう。

 

また、往復割引には有効期限があり、あまり長い帰省では使えませんのでご注意を!

 

年末年始・GW・お盆に使える割引きっぷ

往復割引や学割は年末年始・GW・お盆などの時期でも利用することができます。
ところが、新幹線の料金が割引になるいくつかの方法の中に、この期間には使えないものがあります。

 

参考までに、この期間中に使える方法をいくつか挙げておきます。

 

新幹線ホテルパック

トップページでもご紹介した通り、最も格安に新幹線に乗れる新幹線ホテルパック
当然、他の時期より料金は若干高いですが、年末年始・GW・お盆の期間中でも往復割引より安いです。
ただし、早めにお得なプランを予約すれば、かなり格安に新幹線に乗ることができます。

 

割引きっぷの一部

JR東海の「お得なきっぷ」、JR西日本の「トクトクきっぷ」、JR九州の「お得な割引きっぷ」など、JRが販売している割引きっぷの中には年末年始・GW・お盆の期間中に利用できるものがあります。

 

例えば、往復のきっぷなら、

JR東海の「新幹線自由席用早特往復きっぷ」「のぞみ&九州新幹線早特往復きっぷ」
JR西日本の「のぞみ早特往復きっぷ」「東京往復スーパー早特きっぷ」
JR九州の「神戸往復割引きっぷ」「新幹線往復割引きっぷ」(通常の往復割引とは別)など。

ただし、座席数が限定されているものが多く、混雑する時期には購入できない可能性もあります。

 

JR東海で販売している「九州往復割引きっぷ」というきっぷがありますが、これは年末年始・GW・お盆には使えません。
名称は似ていますが、一般的な往復割引とはルールが違いますので注意が必要です。

 

会員制の割引予約

基本的には年末年始・GW・お盆の期間中でも利用可能。
片道単位での切符購入が可能で、「繁忙期」という設定になっているものの料金も割引になります。
ただし、「えきねっと」の「お先にトクだ値」のように、一部この期間中に設定がない場合もありますので、利用するサービスの内容確認が必要です。

 

 

年末年始・GW・お盆の期間は、新幹線格安チケット・お得なきっぷなどは使えませんが、会員制の割引予約や新幹線ツアーなど、往復割引以外にも安く新幹線に乗れる方法があります。

 

その中でも往復割引のメリットは、途中下車ができることと、比較的有効期間が長いこと。
これらのメリットも含め、その他の料金も比較して利用してはいかがでしょうか?