新幹線往復割引 有効期間

往復割引の有効期間は?帰りが未定でも利用可?

帰りの日程が決まっていない場合、往復割引は利用できるのか?

新幹線の往復割引きっぷの有効期間は?

基本的には、帰りの日程が決まっていなくても、往復割引は利用できます。
ただし、JRの乗車券には有効期間がありますので、注意が必要です。

 

まず、新幹線も往復割引で割引になるのは乗車券のみ。
日にちや乗車する列車を特定する特急券と、往復割引は関係ありません。

 

しかし、JRの乗車券には有効期間があります。

200キロまで

2日

400キロまで

3日

600キロまで

4日

800キロまで

5日

1,000キロまで

6日

この中で、往復割引が適用されるのは、601キロ以上の距離を往復する場合。
800キロまでの5日と、1,000キロまでは6日が当てはまります。

 

ところが、往復乗車券の場合は、有効期間はこの2倍
ということは、往復割引が効く往復乗車券の有効期間は、601キロ〜800キロの場合10日、1,000キロまでの場合は12日ということですね。

 

往復割引が効く往復乗車券を購入する場合、帰りの日にちが決まっていなくても、この期間内なら利用できるということです。
往復乗車券だけを先に購入し、行きの特急券を同時に購入。
帰りは帰りで特急券を購入して新幹線に乗る。

 

このようなことが可能ですが、購入前にはJRのサイトや駅の窓口で確認するのが一番間違いないですね。

 

有効期間を超えて乗車する場合

このように乗車券の有効期間は往復で倍になるものの、期限があることに変わりはありません。
帰りの日程がこの有効期間を過ぎる場合、往復割引は利用できませんので、新幹線に安く乗るためには他の方法を利用しなければなりません。

 

では、どんな方法を利用すればいいのでしょうか?

 

金券ショップの格安チケット

金券ショップ等で格安チケットを片道ずつ購入すると、料金は往復割引と同じくらいになります。
しかし、乗り換えの必要な区間や、回数券の設定がない区間などでは利用できません。
また、年末年始やお盆など利用できない期間があるので、そこも注意が必要です。

 

会員制割引予約

エクスプレス予約・えきねっとなどの会員制割引予約を利用すると、料金は安くなります。
ほとんどの場合、往復割引を利用するよりこちらの方が安く、片道ずつ予約ができるので、有効期間の心配も不要です。
年末年始・お盆・GWなどの期間にも利用できますが、事前の会員登録は必須です。

 

このように「片道ずつ」で利用できるものを探せば、乗車券の有効期間に関係なく料金を格安にすることができます。
「帰りの日程が未定の場合」でも期間内であれば往復割引は利用できますが、「有効期間を超えて乗車する場合」には往復割引は利用できませんので、それ以外の方法を探しましょう。