新幹線 往復割引 乗継割引 併用

新幹線と在来線で往復割引と乗継割引は併用可能か?

新幹線と在来線を乗り継ぐ時に適用される乗継割引と、601キロ以上の同一区間往復乗車券を同時購入することで適用される往復割引。
両方の条件をクリアしていれば、往復割引と乗継割引は両方の適用を受けることができます。

 

では、実際の例も挙げて簡単に解説していきましょう。

 

まずは、往復割引と乗継割引について・・・

 

往復割引と乗継割引

新幹線や在来線特急の切符は、「乗車券」+「特急券」で構成されています。

 

この内、往復割引が適用されて割引になるのは「乗車券」
乗継割引が適用されて割引になるのは「特急券」です。

 

往復割引は営業キロ数601キロ以上の距離の乗車券を往復同時に購入すると、1割引になります。
また、乗継割引はいろいろ細かく条件が決まっていますが、基本的には特急券が半額になります。

 

 

往復割引と乗継割引が併用できるのは、新幹線と在来線の特急を乗り継ぎ、片道601キロ以上の距離(在来線も含む)の往復切符を同時に購入すること。
すると、両方の割引が適用されます。

 

 

例を挙げてみましょう。

 

【例】新横浜〜津和野(山口)の往復

新横浜から山口県の津和野へは、新幹線で新山口まで行き、在来線特急に乗り換えます。
通常、駅の窓口でここまでの乗車券と特急券を同時に購入すると、乗継割引が適用されます。
すると、乗車券は12,960円、特急券は新山口から津和野までの料金が半額になり合計で8,900円。
乗車券と合わせると、21,860円かかります。

 

営業キロ数が601キロを超える新横浜〜津和野では、この切符を往復分同時に買うと往復割引も適用され、さらに乗車券が1割引になります。
すると、乗車券は片道で11,660円。
特急券と合わせると、片道で20,560円、往復で41,120円です。

 

乗継割引は乗車券・特急券を同時に買った時点で適用されますが、往復割引は往復分を同時に買わなければ適用されません。
往復割引と乗継割引を併用して割引を受けるなら、往復分の乗車券&特急券の全てを同時に購入することが必要です。

 

上の例でいえば、往復分を同時に購入すると2,600円得をし、片道ずつ購入すると2,600円損します。

 

なお、新幹線を利用して同一区間を往復する場合、往復割引や乗継割引以外にも格安な料金で新幹線に乗れる方法がいくつかあります。
料金を比較すればかなり安く新幹線に乗れますので、詳しくはトップページ(新幹線往復割引きっぷの購入前に!)も参考にしてください。