往復割引 えきねっと「トクだ値」

往復割引とえきねっと「トクだ値」は併用できる?

往復割引とえきねっと「トクだ値」は併用できる?

往復割引とトクだ値の併用はできません。

 

営業キロ数が601キロ以上の区間で、往復乗車券を同時購入すると割引になる新幹線の往復割引
また、東北新幹線など割引価格で予約・乗車することができるえきねっと「トクだ値」。
この2つは、全く性質が違うために、エクスプレス予約のように同時に使用することはできません。

 

えきねっと「トクだ値」とは?

「えきねっと」というJR・新幹線の割引予約サービスで会員登録が必要。
割引価格で乗車できるのは東北・上越・北陸・山形・秋田・北海道新幹線。
その中でも、早めの購入で特に安く乗れる列車・座席数限定のきっぷが「トクだ値」。

 

「トクだ値」にはあらかじめ設定された利用区間がありますが、「トクだ値」が利用できる路線の中でも、東京〜新青森など往復割引が適用する区間もあります。

 

条件をクリアすればどちらかを利用することができますが、往復割引が適用されるのは乗車券のみ、「トクだ値」の切符は乗車券と特急券がセットで割引になっているので、「トクだ値」の切符にさらに往復割引が効くということはありません

 

両方が使える区間でも、どちらかを選択して利用しなければなりません。
では、どちらが安くてお得なのでしょうか?

 

往復割引かトクだ値か?

例えば、往復割引も使える東京〜新青森で使える「トクだ値」は4種類。(時期ごとの設定による)
はやぶさ利用の「トクだ値5・25」、はやて利用の「トクだ値10・30」を使うことができ、この内25・30は13日前までに購入が必要です。

 

東京〜青森間の通常料金は、はやぶさ指定席で乗車券10,150円、特急券7,200円の合計17,350円。
往復割引が効くと、乗車券が1割引になり片道料金は16,330円(往復で32,660円)。

 

これに対して、「トクだ値」は25%引きで13,010円、5%引きで16,480円。
5%しか割引にならない「トクだ値5」を除けば、往復割引よりも料金はお得です。

 

ここでは「東京〜新青森」を例にしましたが、往復割引の効く区間でも、その区間にトクだ値の設定があれば、ほとんど同じような結果です。
特に「お先にトクだ値」の料金は、間違いなく往復割引より安いです。

 

「トクだ値」は料金も安い上に、片道からの利用ができますが、安い分制限が多いのが特徴です。
途中下車もできませんし、指定した列車以外には絶対に乗れませんので、あらかじめルールを確認してから購入しなければなりません。

 

トクだ値と往復割引は同時に使える?どちらが安い?関連ページ

回数券と比較
新幹線の往復割引と回数券はどちらが安いのか?実際の料金を比較。往復割引と回数券の特徴の違い、利用する上での条件の違いも解説。
早割とどちらが安い?
新幹線の往復割引と早割きっぷの料金比較。往復割引が利用できる区間では早割とどちらが安いのか?両者のメリットや使い分けについての解説も。
エクスプレス予約と比較
新幹線の往復割引とエクスプレス予約について。同時に使うことができるか?どちらが安いのか?についての解説。
JR九州の往復割引きっぷ
新幹線で利用できる往復割引乗車券と、JR九州で販売されている「新幹線往復割引きっぷ」や神戸・大阪・京都・名古屋・東京往復割引きっぷについて。その違いと料金比較。
往復でお得なきっぷ
新幹線で利用することができる往復割引よりもお得な往復きっぷを具体的に紹介。往復割引の乗車券を利用するよりどれくらいお得なのか?