新幹線 往復割引

新幹線の往復割引よりずっと格安な往復方法とは?

新幹線の往復割引は安くない・・・

 

 

新幹線で同じ区間を往復する時、「往復割引なら料金が安くなるのでは?」とお考えの方…。
残念ながら、往復割引は長距離でしか割引にならず、しかも安くなるのは往復2,000円程度。

 

しかし、ご紹介する最も格安な往復方法は、距離に関係なく全国の区間で利用可能。
しかも往復割引が効くような距離なら、往復10,000円くらい安くなります

 

 

新幹線の往復割引より、ずっと格安な往復方法とは・・・

日本旅行

新幹線ホテルパック
往復割引より安く、基本的に他の格安切符より料金は格安です!
宿泊と往復新幹線を、全てネットで予約することができ、しかも、予約したチケットは出発前に自宅に届くので安心!
他のツアーより新幹線が自由に選べるので、ストレスはありません。
3日前まで予約できますが、お得なプランから順に完売します。

 

ただし、利用できるのは、「宿泊する方」「往復同一区間新幹線に乗る方」のみ!
これに該当する方、往復割引の適用がない区間でも、格安に新幹線で往復することができます。

 

 

では、この新幹線ホテルパック、普通料金や往復割引と比べてどれくらい安いのでしょうか?
実際の料金を比較してみましょう!

新幹線の往復割引とは?料金はいくら割引?

その前に、まず、新幹線の往復割引について簡単に確認しておきましょう。

 

新幹線の往復割引とは?

新幹線の往復割引とは、営業キロ数が片道601キロ以上の区間を往復する時に、往復切符(乗車券)を同時に購入すると、乗車券の料金が1割引になるというJRの割引制度のことです。

 

有効期間内であれば一年中割引料金になり、使える時期を問いません。
往復割引乗車券では途中下車も可能です。

 

適用される区間は在来線も含む601キロ以上

往復割引が適用されるかどうかは、ヤフー路線情報などで距離を調べれば簡単にわかります。
実際に適用になる区間は・・・

■東京〜姫路・岡山・広島・小倉・博多、秋田・新青森など
■名古屋〜徳山・新山口・小倉・博多など
■新大阪〜博多から先(九州新幹線の駅全て)

距離は在来線も含み、新幹線から新幹線・在来線への乗り継ぎがあっても適用されます。

適用区間についての詳細

 

往復割引きっぷの購入方法&使い方

往復割引のきっぷ(乗車券)は、駅の窓口や券売機で購入することができます。
601キロ以上の区間の乗車券を同時に購入することが条件で、帰りの特急券まで一緒に買う必要はありません。
購入したチケットは、行きには行きの区間の乗車券・特急券を改札へ投入。
帰りは帰り区間の乗車券・特急券を使い、列車に乗車します。

 

学割やe特急券・eきっぷとは同時に使える!

往復割引と学割とは併用ができ、往復割引で1割引、学割でさらに2割引。
学割は片道101キロ以上で使えるので、往復割引の適用区間は利用可。
学割証を提示し、駅の窓口で往復分の乗車券を購入すれば、ダブルの割引です。
そして、特急券をエクスプレス予約会員なら「e特急券」、J-WESTカード会員・JQカード会員なら「eきっぷ」を利用すれば、乗車券・特急券の両方が安くなります。

 

往復割引でいくら安くなる?計算方法は?

この新幹線の往復割引、1割引なので一見安そうに見えますがそうではありません。
1割引になるのは乗車券部分のみで、「特急券」は割引にはならないのです。

 

では、実際に往復割引でいくら安くなるのか計算してみましょう。

往復割引の計算方法は…
⇒乗車券×0.9(1円単位の端数切り捨て)+特急券

 

【例】東京〜岡山間で新幹線の往復割引を使うと・・・

この区間の新幹線料金は、乗車券10,480円+特急券6,860円の合計17,340円です。
これに往復割引が適用されると、乗車券だけが1割引になり9,430円。
特急券には割引がないので6,860円をプラスすると、合計で16,290円。

 

普通料金(片道)17,340円⇒往復割引後(片道)16,290円

これが東京〜岡山間での往復割引適用後の料金です。
普通料金より片道で1,050円、往復で約2,100円しか安くなりません・・・

 

【参考】区間別の割引額
東京〜広島:19,080円⇒往復割引片道17,910円(差額1,170円)
東京〜博多:22,950円⇒往復割引片道21,560円(差額1,390円)
名古屋〜博多:18,540円⇒往復割引片道17,420円(差額1,030円)
新大阪〜博多:15,310円⇒往復割引片道14,340円(差額970円)

 

 

では、新幹線ホテルパック往復割引に比べてどれくらい安いのでしょうか?
東京〜岡山を例に、新幹線往復料金と宿泊料金の合計で比較してみましょう。

 

 

新幹線の往復料金はここまで安くなる!

新幹線での往復方法 往復&宿泊合計 普通料金との差額
普通料金 40,080円 差額0円
新幹線往復割引 37,980円 ▲2,100円
日本旅行「新幹線ホテルパック」 29,000円 ▲11,080円格安

宿泊先を1泊5,400円の同じホテルで料金計算しましたが、比較するとこれだけの差がつきます。

 

この新幹線パックを使うと、普通料金より11,000円以上安く往復割引より約9,000円格安です。

 

エクスプレス予約・スマートEXの往復割引より新幹線料金は安い!

新幹線ホテルパックの往復・宿泊の合計料金が、抜群に安いのはおわかりいただけたと思います。

 

しかし、エクスプレス予約・スマートEXの往復割引料金や、他のチケットの料金も気になります。
そこで、往復割引以外の他のきっぷとも、東京〜岡山を例に同じ方法で比較してみましょう!

スマートEXでも使える往復割引

東海道・山陽新幹線に交通系ICカードで乗ることができるスマートEX。
年会費は無料ですが、安くなるのは片道200円、往復400円。
往復分を予約するスマートEXサービス(往復割引)は、往復割引と同じ効果があります。
そして、往復割引乗車券利用時より片道200円安いので、料金は片道16,090円。
早特はエクスプレス予約と同じくお得ですが、通常予約は安くありません。
スマートEXサービス(往復割引)で安くなるのは、片道1,250円、往復2,500円。

 

 

エクスプレス予約で往復割引を使うと?

通常のエクスプレス予約で片道16,010円、往復で32,020円。
普通料金より2,660円安いだけなので、往復割引と大差はありません。
EX予約サービス(往復割引)は14,760円なので、安くなるのは往復で5,160円。
(列車限定のEX早特21を使っても、安くなるのは往復8,680円)

 

 

新幹線格安チケットも安くない

金券ショップで売っている東京〜岡山間の格安チケットは大体片道16,200円くらい。
それほど安いわけではなく、往復割引の料金とほぼ同じです。
ということで、差額もほぼ同じで全く安くはありません。

東京から岡山を往復する場合、これ以上に安く新幹線に乗る方法はありません。

 

このように、他に安くなる方法はあっても、料金は往復割引と同じくらいで大して安くならないのです。

 

 

全部の(新幹線往復+1泊5,400円)料金をまとめて比較すると・・・

■普通料金→40,080円
■スマートEX→39,880円
■新幹線往復割引→37,980円
■新幹線格安チケット→約37,800円
■エクスプレス予約(EX予約サービス)→37,420円
■EX予約サービス(往復割引)→34,920円
新幹線ホテルパック29,000円

 

 

つまり・・・この方法だけが圧倒的に安い!

 

ということです。

 

これは東京〜岡山間だけでなく、往復割引が適用する他の区間でも同じ。
往復割引が適用にならない東京〜京都・新大阪間など、他の区間で同じように比べても、この「新幹線+宿泊」パックが圧倒的に格安です。

 

しかも、往復割引適用区間で2人・3人以上で利用するなら、料金はさらに安くなります。
「同一区間往復&宿泊」での新幹線利用なら、これが一番安いです。

 

 

それでもまだ、別の方法で新幹線に乗りますか?

 

 

往復割引より安い新幹線ホテルパックはこれ!

日本旅行

日本旅行「新幹線+宿泊プラン」
往復割引より安く他のどんな格安切符より料金は格安
往復割引の適用距離なら、1人10,000円くらいは安いです。
自由に選べる宿泊先と往復新幹線は、全てネットで予約可能。しかも、予約したチケットは出発前に自宅に届くので安心!
3日前まで予約できますが、お得なホテルから順に完売します。

 

 

更新履歴
page top