新幹線 往復割引 学割

新幹線の学割と往復割引を同時に利用することはできるのか?

往復割引と他の割引きっぷは同時に利用することはできませんが、往復割引と学割は併用が可能です。
条件を満たした学生の方が往復割引と学割を利用すれば、往復割引で乗車券が1割引、そこからさらに学割の適用で乗車券が2割引になります。

 

ただし、往復割引については往復の切符さえ同時購入すれば適用がされますが、学生割引については学校が発行する「学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)」の提示が必要なので、忘れず発行してもらい提示をしましょう。

学割が使えるのは中学生以上の学生。
小学生は一定の条件を満たしていれば、子供料金に往復割引が効きます。

 

では、往復割引と学割が同時に適用されると料金はどう変わるのでしょうか?

 

往復割引と学割の同時適用でいくら安くなるのか?

往復割引と学割の併用で、通常料金よりどれくらい安くなるのか?
実際の料金で比べてみましょう。

 

【例】新横浜〜岡山

新横浜から岡山へは東海道・山陽新幹線で行くことができ、距離は601キロを超えます。
通常、乗車券が10,150円、特急券6,860円の片道17,010円、往復で34,020円です。

 

乗車券部分は往復割引で1割引、さらに学割で2割引になると往復で14,600円。
これに往復分の特急券を合計すると、往復で28,320円になります。
学割適用なしで片道きっぷを購入した時と比較すると、往復で5,700円安くなります。

 

なお、岡山から新横浜への新幹線では「のぞみ早特往復きっぷ」も利用できますが、学割・往復割引の方が安いです。

 

 

【例】新神戸〜別府

新神戸から別府へ行くには、新幹線で小倉まで行き、小倉から特急に乗り換えます。
乗車券は片道10,040円、新幹線・特急の特急券がそれぞれ5,700円、1,740円かかり、往復合計で34,960円。

 

乗車券部分が往復割引適用で1割引、さらに学割の適用で2割引になり、往復で14,440円になります。
これに特急券往復分を合計すると、往復で29,320円。
学割適用なしで、片道ずつ切符を購入する場合に比べて5,640円安くなります。

 

なお、新幹線→特急と乗り継ぐと「乗継割引」も適用されそうですが、このケースの場合、乗り継ぎ駅は「小倉」。
東海道・山陽新幹線からの乗り継ぎ割引が適用されるのは、新横浜〜新下関間の駅からの乗り換えの場合なので、乗継割引は適用されません。

 

新神戸から別府に向かう場合はこれで安いのですが、逆に別府から新神戸を往復する場合には、「神戸往復割引きっぷ」の方が安いです。
(JR九州が販売しているものなので、神戸を出発する場合は使えません。)

 

 

「往復割引+学割」も最安値ではない!

 

「往復割引+学割」で通常の3割近く安くなるので、かなりのお得感があります。
しかし、学割が効く学生の方でも、区間によっては他の方法の方が安い場合もあります。
参考までに、トップページでもご紹介している「JR新幹線+宿泊パック」を利用すると、新幹線・特急の往復と宿泊の合計で30,900円〜という料金設定なので、宿泊料金を合わせて考えると、「往復割引+学割」の同時適用よりも安く往復することができます。

 

料金を安くしようと思う方は、いろいろな手段で料金を比較してみましょう!