JR九州 新幹線往復割引きっぷ

往復割引乗車券と「往復割引きっぷ」の違い

JRには往復割引という割引制度があり、条件を満たせば新幹線でも利用することができます。
割引になるのは乗車券のみですが、全国で利用することができます。

 

ところが、JR九州ではこれと似た名称の割引きっぷがあり、利用できる区間はきっぷごとに限られます。
どちらも利用したことがない方にとっては、少しわかりにくいかもしれませんので、まずは両者の違いを簡単にご紹介しましょう。

往復割引乗車券

往復割引乗車券とは、片道601キロ以上の乗車券を往復分同時に購入すると適用になる割引で、割引になるのは乗車券のみ。
新幹線の乗車に必要な特急券は別途購入が必要で、特急券は割引になりません。
乗車券は途中下車も可能で、自由席グリーン車を利用することもできます。(途中下車時特急券は無効)
距離は在来線を合わせた距離でカウントされ、学割とは併用可能です。

JR九州の割引きっぷ

往復割引乗車券と混同しやすいのは、「新幹線往復割引きっぷ」「神戸往復割引きっぷ」「大阪往復割引きっぷ」「京都往復割引きっぷ」「名古屋往復割引きっぷ」「東京往復割引きっぷ」など。
神戸・大阪・京都には各往復割引きっぷとは別に、「新幹線神戸往復割引きっぷ」「新幹線大阪往復割引きっぷ」という別の割引きっぷもあります。
これらに共通しているのは、区間が最初から決まっており、普通車指定席しか利用できない点、途中下車した時はその後の分は無効になることなど。
乗車券・特急券がセットになっており、学割とも併用することはできません。
往復割引乗車券と名前は似ていても、全く利用条件は違い、ほぼ正反対の条件です。

 

では、往復割引乗車券とこれらの「往復割引きっぷ」の両方が利用できる時、どちらを使った方がお得なのか料金を比較してみましょう!

 

往復割引乗車券と往復割引きっぷはどちらがお得?

例えば、博多から京都を往復すると、営業距離は661キロあり往復割引乗車券を利用することができます。
同時に「新幹線京都往復割引きっぷ」が利用できる区間でもあります。

 

この両方が利用できる時、料金はどちらが安いのでしょうか?

博多〜京都で料金比較

博多〜京都間の普通車指定席料金は「のぞみ」で片道16,060円。
これに往復割引が効くと、乗車券9,830円が1割引で8,840円、特急券との合計は15,070円なので往復30,140円
「新幹線京都往復割引きっぷ」は往復で27,360円なので2,780円安いです。

長崎〜東京で料金比較

次に、長崎発〜東京行きの料金を比較してみます。
長崎から在来線・のぞみと乗り継ぐと、片道26,250円かかります。
往復割引が適用されると、片道料金は24,720円、往復で49,440円。
「東京往復割引きっぷ」の料金は往復44,020円なので、5,000円ほど安いです。

 

このように往復の料金を比較してみると、往復割引乗車券を利用するよりもJR九州で販売している「〇〇往復割引きっぷ」を使った方が安いです。
どちらとも当日でも購入できるので、途中下車などの用事がない方は、割引きっぷを使った方がお得です。

 

 

往復&宿泊ならもっと安くなる!

ところが、往復きっぷだけでなく「往復&宿泊」となると、これらの「往復割引きっぷ」よりも新幹線ホテルパックの方が安いです。
先ほどの博多〜京都なら、安いパックなら往復・1泊して合計料金は20,000円〜29,000円くらい。
「新幹線京都往復割引きっぷ」で往復・1泊すると35,000円くらいかかりますので、いかに安いかがわかります。
長崎〜東京のパックなら往復・1泊で28,000円〜31,000円くらいです。
「東京往復割引きっぷ」なら合計51,000円くらいかかりますので、1人20,000円くらい安くなります

 

往復割引乗車券も「往復割引きっぷ」も、利用できる区間は日帰りで往復するような近距離ではありません。
このような区間では、「往復&宿泊」で料金を比較することも必要です。

 

往復割引乗車券とJR九州「往復割引きっぷ」との違い&料金比較関連ページ

回数券と比較
新幹線の往復割引と回数券はどちらが安いのか?実際の料金を比較。往復割引と回数券の特徴の違い、利用する上での条件の違いも解説。
早割とどちらが安い?
新幹線の往復割引と早割きっぷの料金比較。往復割引が利用できる区間では早割とどちらが安いのか?両者のメリットや使い分けについての解説も。
エクスプレス予約と比較
新幹線の往復割引とエクスプレス予約について。同時に使うことができるか?どちらが安いのか?についての解説。
トクだ値と比較
新幹線の往復割引とえきねっと「トクだ値」との併用について。同時に使用することはできるのか?どちらが安いのか?について解説。
往復でお得なきっぷ
新幹線で利用することができる往復割引よりもお得な往復きっぷを具体的に紹介。往復割引の乗車券を利用するよりどれくらいお得なのか?