新幹線 往復割引 料金比較

往復割引と料金比較!

新幹線の安いきっぷを探せば、いろいろな方法があります。
その中で「往復で安くなるきっぷ」として知られる往復割引。

 

しかし、往復割引適用後の料金は、実際に計算をしないと出ませんので、「他の切符とどちらが安いのか?」は実際に料金を比較してみなければなりません。

 

そこで、「いろいろな切符と往復割引はどちらが安いのか?」
その料金の比較と同時に、利用する上での条件なども比較していきます。

 

往復割引の利用を検討される方は、ぜひ購入前に参考にしてください。

 

往復割引と料金比較!新幹線に乗るならどちらが安い?記事一覧

新幹線に乗るなら回数券と往復割引はどちらが安い?

営業距離601キロ以上の区間で、往復の乗車券を同時購入すると適用される往復割引。4枚・6枚など複数枚単位で購入すると料金が安くなる回数券。往復割引は一定の距離を超える区間でしか適用されませんが、回数券はその区間に設定さえあれば、距離に関係なく料金が安くなります。往復割引が使える区間でも、回数券の設定...

≫続きを読む

 

新幹線料金が安いのは往復割引か早割のきっぷか?

新幹線の切符は往復割引と早割のどちらが安い?同じ区間で両方が使える場合、基本的に安いのは早割です。ただし、使える条件は全く違いますので、各条件を確認して切符を購入しなければなりません。往復割引の適用区間であっても、同時に「お得なきっぷ」「トクトクきっぷ」などの早割を利用することができる場合があります...

≫続きを読む

 

エクスプレス予約と往復割引はどちらが安い?併用可能?

往復割引とエクスプレス予約で安いのは?同時に使うことはできる?往復割引・エクスプレス予約の料金を比較すると、まずエクスプレス予約の方が安いです。また、同時に使用できるケースとできないケースがありますが、併用するとかなりお得です。東海道・山陽新幹線の東京〜博多間で使うことができる、新幹線の割引予約「エ...

≫続きを読む

 

トクだ値と往復割引は同時に使える?どちらが安い?

往復割引とえきねっと「トクだ値」は併用できる?往復割引とトクだ値の併用はできません。営業キロ数が601キロ以上の区間で、往復乗車券を同時購入すると割引になる新幹線の往復割引。また、東北新幹線など割引価格で予約・乗車することができるえきねっと「トクだ値」。この2つは、全く性質が違うために、エクスプレス...

≫続きを読む

 

往復割引乗車券とJR九州「往復割引きっぷ」との違い&料金比較

JRには往復割引という割引制度があり、条件を満たせば新幹線でも利用することができます。割引になるのは乗車券のみですが、全国で利用することができます。ところが、JR九州ではこれと似た名称の割引きっぷがあり、利用できる区間はきっぷごとに限られます。どちらも利用したことがない方にとっては、少しわかりにくい...

≫続きを読む

 

往復割引乗車券より少しお得な新幹線の往復きっぷとは?

往復割引乗車券よりお得な往復きっぷがある?JRではいくつかのお得な往復きっぷを販売しています。その内の多くのきっぷは、往復割引乗車券を購入するよりもお得です。JR各社では、通常料金のきっぷ以外にいろいろな割引きっぷを販売しています。これらの割引きっぷは、往復割引乗車券とは違い、乗車券・特急券がセット...

≫続きを読む