上越・北陸新幹線 往復割引

上越・北陸新幹線では往復割引は使えない?

距離が短い上越・北陸新幹線では往復割引は使えない?

新幹線乗車の前後の在来線や新幹線の距離も含めて営業キロ数が超えていれば利用できますが、新幹線のみでは利用できる区間はありません

 

一定距離以上の区間で往復きっぷを同時に購入すると、運賃が1割引になる往復割引。
その距離は意外に長く、601キロ以上。

 

ところが、上越新幹線は最長区間の東京〜新潟間でも333.9キロ。
北陸新幹線の最長区間東京〜金沢間でも450.5キロと、往復割引になる距離ではありません。

 

しかし、往復割引の距離は在来線の距離も含むので、新幹線の前後に在来線に乗る場合には、その距離も含めて片道601キロ以上であれば往復割引を利用することができます。

 

上越・北陸新幹線で往復割引が使えるとすれば…

上越・北陸新幹線だけの区間ではなく、前後に新幹線・在来線に乗るなら、往復割引になる場合があります。
いくつか例を挙げてみましょう。

仙台〜新潟

仙台から新潟へ行こうと思えば、飛行機の直行便がないため、新幹線を利用しなければなりません。
仙台から東北新幹線で大宮まで行き、大宮で上越新幹線に乗り換え。
このルートで片道の営業距離は625.1キロなので、往復割引が適用されます。
この区間の運賃は9,610円なので、1割引で片道970円、往復で1,940円ほど安くなります。

 

福島〜福井

福島から福井へ行くには、東北新幹線で大宮まで行き、大宮で北陸新幹線に乗り換え。
さらに金沢で在来線に乗り換えて福井まで行くことができます。
このルートで片道の営業距離は739.4キロ、運賃は10,480円。
1割引になると、片道1,050円、往復で2,100円安くなります。
(なお、このように在来線と乗り継ぐ場合、乗継割引も適用されます。)

 

このように上越・北陸新幹線の前後に、他の新幹線や在来線を利用する場合、その距離も含めて往復切符を購入すれば往復割引は適用されます。
しかし、前後の距離を含めても往復割引が使えない時はどうすればいいのか?
いくつか他の方法をご紹介しましょう。

 

往復割引の距離が足りない時は?

例えば、大宮〜新潟、東京〜富山など、もちろん往復割引には距離が足りません。
そんな区間では、往復割引のことは考えず、他の方法を探しましょう。

えきねっと

えきねっと「トクだ値」というきっぷを利用すると料金は安くなります。
例えば、「トクだ値10」なら運賃・特急券がセットで1割引になり、大宮〜新潟間は10,140円が9,120円に、東京〜富山間は12,730円が11,450円になります。

モバイルSuica特急券

モバイルSuica特急券の内、当日でも購入できる「モバトク」を利用すると、大宮〜新潟間は9,260円に、東京〜富山間は11,990円になります。

新幹線宿泊パック

こちらのページでも比較した通り、往復割引よりもずっと格安な新幹線ホテルパック
大宮〜新潟で利用すると、安いプランなら往復・1泊で17,000円くらい。
東京〜富山で利用すると、安いプランなら往復・1泊で22,000円くらいです。
宿泊する新幹線旅行や出張であれば、ホテルパックを利用すると、通常切符の往復料金より安く往復・1泊することができます。

 

上越・北陸新幹線では最も長い区間でも往復割引にはなりません。
しかし、このように他の方法を利用すれば、料金を安くすることは可能です。